上下水道管理

上水道施設管理システム


■ システム化により,肥大化・複雑化する上水道情報を一元的に管理することが可能となり,水道施設管理の効率化・迅速化・最適化,そして受益住民へのサービス向上を図ることができます。

データの高度利用技術で上水道業務をトータルにサポートします。

  • 上水道情報管理システムは、CADの操作性とGIS地図管理機能との融合を図った上水道情報管理システムです。台帳管理だけではなく、「計画」から「維持管理」まで上水道業務を広範囲にサポートします。
  • 配水管系統図に,管路区間毎に管種,管径,延長,埋設深,バルブ位置等の情報を即座に表示でき,管路更新や工事に必要な適切な情報を得ることができます。
  • 上水道情報管理システムは、住民のライフラインとして重要なシステム機能が要求されます。弊社のシステムは水道管破裂時の事故対応シミュレーション機能や工事による掘削確認機能など、上水道維持管理に必要な機能を多く装備しております。

配水管や給水申請書などを基本情報として、上水道の維持管理に必要なデータをGIS上に構築します。台帳図や現場確認用の写真画像なども地図とリンクさせて管理することが可能です。

上水道台帳管理システムは、サービス提供エリア拡大工事により増え続ける下水道設備の資産を管理すると共に、公共桝への宅内配管の繋ぎ込みや設備の変更があった場合、ユーザー自身で図面・DATAの追加、変更が簡単にできます。

下水道施設管理システム


■ 上水道台帳管理システムは、管路図・竣工図・給水台帳・現場写真・文書などの各種情報を一元的に管理・統合し,水道施設の保全管理業務を始めとする水道事業全般にわたる効率化,高度化を目的としています。

下水道管理システム導入のメリット

下水道管路施設管理業務に関わる情報の照会・図面出力・調書出力・統計・データ更新など作業の効率化を図り、窓口対応・施設の維持管理といった諸業務を支援します。導入後すぐに業務使用が可能です。

 また、更新機能は操作が容易で管路施設管理に必要なネットワークデータが構築でき、作成した管路データは上水道部門や統合型GISなど庁内各部門へ即座に提供できます。

  • ※ベースとなる地理情報システム(GIS)を採用
  • ※豊富な機能で地図の表示・出力・更新など、ユーザの要求に対応。
  • ※上水道管理システムと同じインターフェースや操作性を備えています。

 さらに、デジタル化された下水道台帳の施設情報を元に再構築の検討や解析業務を実施しています。近年の下水道施設の整備水準を上回るような集中豪雨に対して浸水被害対策検討を進めています。

下水道管理システムは、下水道業務に関わる様々な情報を地図と関連づけて管理する新世代の『下水道台帳管理システム』です。地図という親しみやすいインターフェースを索引とする情報管理の仕組みは視認性が高く、操作性にも優れた下水道台帳システムです。

事業の拡張や更新、業務指標(PI)算定、新地方公会計制度における資産管理などこれからの自治体業務の円滑化にもお役に立てます。